無料 個数限定

一之瀬翔:ブログアフィリエイト虎の巻
http://www.mail-marketing-club.jp/
個数限定で定価33300円の伝説の教材が今だけ無料!


アフィリエイトに必要な基礎が学べる無料レポート

和佐大輔:シークレットセミナー無料映像配信
http://www.infohouse.jp/

K:K塾長セミナー 60分無料動画
http://f001.sublimestore.jp/

こばやん:無料アフィリエイト塾 こばやん塾
http://kobayan.net/sanka/

坂口勇人:クロスメディアアフィリエイト
〜コンテンツ作成編〜

http://xam.jp/get.php?R=14010

一瀬翔:アフィリエイト指南書 
公開終了





2010年04月04日

AIDMAの法則

短期間で報酬を膨らませる流れ。


簡潔に、分かりやすく、魅力を伝える方法のひとつに、
「AIDMAの法則」というのがあります。
プレゼンやセールスレターの構成に使われているので知ってる人も多いと思います。

【AIDMAの法則】

・注意
・関心
・欲求
・記憶
・行動
+感情


サポートしてる人、数名に意識するように提案してますが、流れを意識するほど、
感情が先立って「簡潔」さに偏っていき、意味が通じる日本語から遠ざかっていきます。


なぜか?


下手な質問と同じなのです。
例えば、

タイトル:カスタマイズ

質問:
「ブログタイトルのカスタマイズが出来ません。教えてください」


と書き込みしてもレス(アクション)は付きません。
まず質問に至る前提が抜けてます。

・ブログポータルが不明。
・テンプレの種類と名前が不明。
・求めている状態が不明。
・どの段階で悩んでるのか不明。


上記が抜けている段階で、答える側は、質問の詳細を聞き出すまでに、
数回以上のやり取りが必要になると予測できる(面倒臭い)のでスルーします。

しかし、書き込んだ本人は、「冷たい奴等だ!」と逆切れします。
その心理には

・自分は○○ブログしか知らないので、「ブログ=○○」が常識。
・ブログタイトルのカスタマイズといえば「記事/ブログ」が常識。
・出来ない部分は「タグ、色、位置、大きさ」色々教えて欲しい。


という当たり前の事を質問してるだけ! という「個人的な常識」があります。
意味が分かって当たり前という思い込みで、前提を省略してるのに気付けないのです。
ブレインダンプに慣れてる人は、キーワードの俯瞰ができるので、質問するときも、
ピンポイントな答えを得るために、必要なキーワードを盛り込みます。


タイトル:SeesaaBlog 記事タイトル カスタマイズ

質問:

「Seesaaで、○○の公式テンプレを使用しています。

ブログタイトルのカスタマイズで行き詰まっています。
現在、個別記事では『記事タイトル/ブログタイトル』と表示してますが、
それを『記事タイトル』のみに変更したいのですが、タグが不明で反映できません。

個別ページで、記事タイトルのみ表示するカスタマイズの方法を教えてください」


という質問であれば、

<;title>;<;% if:extra_title %>;<;% extra_title %><% else -%>;<;% blog.title %><;% /if %>;<;% if:page_name eq 'category' -%>;<;% category_name %><;% /if -%><;/title>;

という一行の返信で解決できます。

AIDMAの法則にそった記事を書くとは、
問題提起と回答、見解の流れを演出する」形式にするのです。

例題に出した質問と回答の形式を元ネタ素材にして、
AIDMAの法則に沿って文章を調理(演出)するわけです。

料理のように、
「調味料=視点」で、味付けが変わります。


稼いでいる人は、
視点を変えることでキーワードを使いまわし、
報酬を短期間で膨らませていきます。

視点を変えるとは雰囲気を変えるということでもあります。

買いたい空気のつくり方―AISAS型購買行動に対応する広告・販促・陳列・接客等のアイデアを電通が提案

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 67606
おすすめ度の平均: 5.0
5 「モテる」演出
5 パッと見は電通っぽくないが、読むとやっぱり電通っぽい本。





タグ:AIDMAの法則
posted by 山下 at 13:49 | 成約率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
2009年10月27日

マーケティグ 連続テレビ小説 ウェルかめ

マーケティングの8割は、リサーチで決まります。

ネットビジネス初心者を対象に、
メールサポートをさせて貰ってますが、
質問の大半は作業に関するものばかりです。


それは、それで良いのですが・・・


マーケティングが出来ないなら量産するのが、
稼ぎの近道になるのですが、作業時間が無いから、
「まずなにから手をつければいいのか分からない」
という悩み相談のメールを貰います。

量産できないなら1ブログで稼ぐ「工夫」が必要です。
「工夫」するには『リサーチ』が重要になります。


ところで、
NHK連続テレビ小説 「ウェルかめ」を観てますか?
HP⇒http://www.nhk.or.jp/asadora/welkame/


元グラドル・倉科カナ扮するヒロイン浜本波美は、
徳島市内にある小さな出版社「ゾメキトキメキ出版」に勤める海ガメ嫌いの女性記者。


通称「かめ遍路」と呼ばれる大東俊介扮するロボットオタク
の山田勝乃新は、「ゾメキトキメキ出版」でアルバイトをし
ているマイペースな大学生。


浜本波美は、編集長に、記事をボツにされて焦っています。
スクープ記事を書こうと、取材相手に、「偉大なる成果」
や「大きな目標」を求め取材しようと必死に奮闘します。

しかし、
取材相手に質問攻撃をした結果、取材相手に迷惑がられ逃げられてしまいます。挙句に、悔し紛れに取材相手が平凡だと悪態を吐きます。


一方、アルバイトのかめ遍路は、
取材相手よりも、「その行為」に、興味を持ち趣味に没頭する様に、
取材相手とオタク談義に花を咲かせます。

浜本波美は、かめ遍路を、
訳の分からない専門的な談笑で、大事なインタビューを
邪魔をするマイペースな奴と軽蔑します。


しかし、かめ遍路は、
取材相手からも好意的に対応された上に、編集長の信頼も厚くて、
取材記事を褒められて採用されます。


サイトアフィリエイトに置き換えてみると、

・浜本波美の視点⇒商品のブランド力と品質
・かめ遍路⇒商品を求める人の心理。

となります。
客観的になれば分かる事も、習慣的になると
「浜本波美タイプ」が多いように感じます。

「売れ筋を紹介」するのは、必須ですが、
ユーザーの心理を無視すると効果が半減します。

具体的には「キーワード選び」という形で現れます。


対応策としては、キーワードから商品を選ぶのではなく、
商品からユーザーの心理を考慮に入れてキーワードを拾う事です。




詳細は以下の記事のマインドマップが参考に成ると思います。

無料ブログ アクセスアップ方法


posted by 山下 at 21:25 | Comment(0) | 成約率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
2009年06月19日

楽天ポイントをアップする方法

楽天ポイントは、低い!!

しかし、
クッキー効果が、30日間あるので、
報酬が、クリックに比例する訳です。

が、

楽天市場の高額商品でアフィリエイトしても、
他の安い商品が売れる・・・

これが、
クッキー効果のデメリットでもあります。

これは、
記事のテーマから、キーワードとマッチした、
商品を選んで紹介した結果でもあります。

この手法は、
量産手法やパワーサイト(作り込み)なら、
常套手段であり、良いのですが、

作業時間が無い人には向いていません。


そこで、
紹介した楽天商品を、購入してもらおうと思えば、


・レビューの多い人気ショップの商品狙い。
・好評レビューの多い、商品狙い。
・リピーターが多い、商品狙い。

と、ショップや商品のリサーチが必要になります。

あとは、
商品やショップから、テーマと購買者の属性を絞って、
サイトを構築していきます。

属性とは、ターゲッテングです。

・男性か?女性か?
・年代は?
・趣味系か?悩み系か?
・どんな理由から購入するか?
・不向きな人は?
・値段は妥当か?
・リピーターの評価ポイントは?
・欠点は?
・人気の原因は?
・高評価の多いポイントは?
・売りのコンセプトは?

などの属性によって、
サイトのイメージカラーやブログ構成、タイトル、文章
などを変えていきます。

これは同テーマで、違う構成のサイトを複数のサイトで、
同時展開して検証しながら作らないと、
どれが一番良い構成なのかは、分かりません。



あとは、
1記事投稿したら、バックリンクを付けて行く作業をします。

バックリンクは、複数の普通の日記で良いです。
リンク(URL)は、記事本文に個別記事のリンクを埋め込んだり、
サイドバーにブログトップのリンクを貼ったりと、適当で良いです。


というより、適当でないとダメです。

キッチリなどと思うと、過度になりすぎて、
自作自演がバレバレになり、不自然に成ってしまいます。

サイドだけにリンクがあって、記事にリンクがないなどは、
不自然ですし、同じブログから、同じサイトのリンクしかないのも
不自然です。


他人のブログやサイトをリンクして紹介するのは、
不要な出口を増やす行為になり、アフィリエイターに嫌われますが、
情報発信をメインにしたサイトやブログでは、普通の行為です。


ネットには、販売サイトと情報提供サイトの2つしかありません。
アフィリエイトは、販売サイトではなく、情報提供に属します。

過度な行為がスパム行為と判断される事になりす。



アフィリエイトノウハウ自体が不自然、矛盾の極みですが、

結局、サイト構成の成否のポイントは、
「自然さ」というのが、基準になります。





ブログアフィリエイト初心者が稼ぐ方法
posted by 山下 at 00:05 | Comment(0) | 成約率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
2009年05月30日

テーマ選び方

アフィリエイトブログを始めるにあたり、
どのテーマを選ぶか?

ここが、悩みどころだと思います。


真っ先に、思い浮かべるのは、やはり、
得意分野や趣味に関連した、テーマでしょう。


それは、ある意味、正解であり、不正解でもあります。


まず、不正解というのは、
いくら得意分野で、情報を多く持っていても、
テーマにマッチする広告が、無いなら報酬に繋がりません。

それでも、
マッチする広告がなくても、集客できるなら、
アフィリエイトブログに、アクセスを流すブログにできますが、

ニーズも低ければ、集客もできないということになり、
典型的な、独りよがりのブログになってしまいます。


次に、
正解というのは、
得意分野や、趣味というのは、
メリット、デメリット、悩み、解決方法を体験しているので、
オリジナルの視点で、記事が書けるということです。

このオリジナル記事とは当たり前のようで、
重要な要素でもあります。


現在、

既存の記事のリライトや、丸パクリなどで、
著者権問題のある記事、類似記事が溢れ、
有益な情報が、ゴミ情報の中に埋もれてしまい、
検索スキルがないと発見できない状態にあります。

スパムサイトと、一線を画するためにも、手抜きをせずに、
オリジナル記事のコンテンツを増やす必要があります。





テーマを選ぶ基準を箇条書きにすると、



・広告がある。
・ニーズがある。
・オリジナルの文章で表現できる。
・悩みを、書き出せる。
・解決策を書き出せる。
・ニーズを書き出せる。
・メリットを書き出せる。
・デメリットを書き出せる。
・体験談を書き出せる。



ということになります。

知識が無い、という場合は、
書籍等で、勉強して精通しておくのは、
普通のビジネスと同じです。



例えば、あなたが『パソコン』に、詳しいなら、

機種、機能、ソフト、周辺機器などの比較や、
メリット、デメリット、悩み、解決方法を、
独自の視点で、分かりやすく書く事で、

説得力を持つ記事になります。


だから、殊更、

『おすすめです』などと、
うざく煽らなくても、


記事を読んで、
デメリットが、許容範囲と感じた人は、
購入者になってくれます。


検索してくる人は、長所なら、
本家のサイトや、他のアフィリエイトサイトで、
ウンザリするほど目にして、知っているわけです。


検索者が、知りたい情報は、『欠点』に、他なりません。
『長所』と比較できる『欠点』を、欲しているわけです。

『欠点』が、許容範囲かどうか、知る手がかりが欲しいのに、
ありきたりな煽り記事では、サイトを閉じられて終わりです。


ここを理解していれば、
まったく稼げないサイトを作る方が、難しいといえます。




ブログアフィリエイト初心者が稼ぐ方法
posted by 山下 at 15:01 | Comment(1) | 成約率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
2009年05月27日

成約率を高めるキーワードの選び方


キーワードから、広告を選らんでませんか?

早く、報酬を得る為には、広告選びから始める必要があります。

広告を選ぶ時は、まず、
3ヵ月後の季節に合う商品の広告を探します。

3ヵ月後というのは、
記事が検索エンジンにインデックスされ、集客できるまでの
タイムラグを計算に入れているためです。


季節モノにするのは、年間を通してニーズがある商品より、
販売力が、高く、それだけ早く成果がでやすいからです。


広告を選んだら、広告から関連キーワードを拾います。
このキーワードの選び方で、記事を書き溜めて行くと、
オンリーワンサイトになる可能性も高まります。


あと、
キーワードで悩んでいる多くのアフィリエイターは、
稼げそうなキーワードから、商品を選びますが、
報酬を上げるには、売れ筋の商品を選ぶのが鉄則になります。


作業が、非効率で、実行している人は、少ないですが、

最初の1ヶ月は、アフィリリンクを入れず、
情報提供できる濃い記事を、書き溜めつつ、相互リンク
をしていく事で、SEO効果を高める事が出来ます。



まとめると、


・報酬は、3ヶ月先を狙う。
・季節モノを選ぶ。
・売れ筋商品を選ぶ。
・キーワードは、広告から拾う。


となります。
記事を書くより、この広告探しの方が、苦痛ですが、
広告選びを失敗すると、元も子もないくらい重要な作業になります。





ブログアフィリエイト初心者が稼ぐ方法
posted by 山下 at 06:48 | Comment(0) | 成約率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。